分倍河原駅の外観

「分倍河原駅の周辺は住みやすいのか?」

このページでは分倍河原駅の周辺に引越しを考えている人に向けて、2014年9月~現在まで実際に分倍河原駅周辺に住んだ経験がある30代男性のインタビューを紹介します。

住み心地はもちろん治安・家賃や物価・近隣のお店や娯楽施設・公園や自然環境に関して、生の声をお届けします。

是非、引越し先選びの参考にしてください。

引越しを検討するなら、まずは引越し料金の確認から!

[PR]

どんな街?

分倍河原駅の周辺は隣駅「府中」に比べると静かな街です。

新宿から京王線特急で30分の所にあり、都心からの交通の便は悪くありません。
改札を出ると左に500mほどの商店街が続いており、特に仕事帰りの通勤客がターゲットとなっている為、比較的居酒屋が多くあります。

右は、住宅街へ続く歩道橋があります。
渡ると新田義貞の銅像を中心としたバスロータリーがあり、付近にはコンビニのローソン、ケーキ屋、ブックセンター、そして複合商業施設のMINANOと武蔵府中税務署があります。

住みやすい・住みにくい理由は?

府中周辺は昔から住んでいる人が多いため、東京では珍しく地域との繋がりが非常に強い街です。

物価が周辺の地域より割高となっており、学生が移り住むには少し不便かもしれません。
しかし、農地が点在しているので野菜の路上販売が散見され、東京でも田舎の雰囲気が味わえます。

家賃は都心に比べれば少し安めでしょうか。
私の住んでいる場所はワンルーム5万8千円でした。

家族で移り住む方には、駅からバスで行き来出来る「府中市郷土の森」がオススメです。
夏場は水遊びもできる大きな公園で、博物館、プラネタリウムがあります。

交通の便はいいですか?

分倍河原駅は近年準特急停車駅(20分に1本)から特急停車駅(10分に1本)に昇格した為、新宿へ向かう事が便利になりました。

京王本線の真ん中に近いため、都心へは280円、八王子へは200円で行くことができます。

また、JRでは南武線停車駅となっていますが、立川に近い駅のため、川崎へ向かう場合は1時間ほど掛かります。

市内を巡行しているバスは「京王バス」が主ですが、市が運営する100円バスの「ちゅうバス」が非常に好評です。

車を所有している場合は、府中・国立インターから中央自動車道で遠出する事が可能です。

治安は良いですか?

治安に関しては都内の住宅街ではワンランク落ちてしまいます。

他の市町村に比べて街灯が少ない点と、私が住んでからニュースなる事件が度々発生しているようで、特に深夜での事件が目立ちます。

夜は余り外出する事はお勧め出来ません。

駅周辺にあるお店は?

私が特にお気に入りなのは、駅の改札を出てすぐ左にある小さなトンカツ屋「とん駒」というお店です。

このお店の先代の家系が精肉店を経営されており、肉の目利き・鮮度に関しては抜群の選別眼を持っておりました。
とんかつソースをかけずに美味しいと思えた事は後にも先にもこのお店だけです。

他には、住宅街方面にあるショッピングモール「MINANO」は、1階にTSUTAYA、2Fにブックオフや100円ショップ、サイゼリヤなど、休日に最適なお店が並んでおります。

近隣地域にある、オススメのお店・娯楽施設は?

JR南武線・分倍河原駅の隣に位置する「府中本町駅」には、駅側にボウリングのラウンドワンがあります。

そして徒歩で10分ほど先に「東京競馬場」があります。

また、府中本町と分倍河原駅に停車するバスでは府中の「森芸術劇場」、終点の府中駅では映画館もある商業施設「くるる」に行けます。

歴史史跡では、平安時代からの歴史が続く「大國魂神社」、鎌倉幕府軍と新田義貞が激突したとされる「分倍河原古戦場跡」があります。

他は、京王線「東府中駅」から少し歩くとドン・キホーテと府中の森美術館があります。

この駅の周辺に住むか迷っている「あなた」にひとこと

仕事の都合で都内に移住してから14年が経過しております。

都心や郊外、埼玉、神奈川を転々としておりますが、この街は幼少の頃に過ごした田舎の雰囲気とその空気が感じられます。

人ごみが苦手だけど、仕事で都内に住まなければならない人、特に転勤される家族連れには非常に適した環境だと思います。

小学校や保育園も充実しており、子供たちの賑やかな声が聞こえる事も多いです。
地域に根差した生活を送りたい方にお勧め致します。

引越しを検討するなら、まずは引越し料金の確認から!