大森駅の外観

「大森駅の周辺は住みやすいのか?」

このページでは大森駅の周辺に引越しを考えている人に向けて、1962年〜2005年まで実際に大森駅周辺に住んだ経験がある50代女性のインタビューを紹介します。

住み心地はもちろん治安・家賃や物価・近隣のお店や娯楽施設・公園や自然環境に関して、生の声をお届けします。

是非、引越し先選びの参考にしてください。

引越しを検討するなら、まずは引越し料金の確認から!

[PR]

どんな街?

生まれてから独立するまでの間、大森駅の西側に住んでいました。
今でも実家があるので、よく帰っています。

大森は、駅の東側と西側とでは全く環境が異なります。
東側は山の手の入り口にあたり、地形が入り組んでいて坂や階段の多いところです。

駅からすぐに丘を上がったあたりは山王という地名で、大田区内では、田園調布に次ぐランクの高級住宅地の一つとされているところです。

実家は地名でいうと南馬込で、山王よりは駅から遠いですが、それでも幹線道路沿い以外は静かな住宅地が広がっています。
対して西側は、京浜工業地帯の入り口にあたり、かつては駅前からちょっと離れると町工場がたくさんあったり、都営住宅が立ち並んでいたり、と、下町らしい風情のある町でした。

バブル期以降、駅に近い工場がマンションやオフィスビルに代わり、大規模なスーパーもできて、住宅街らしい雰囲気の場所が増えてきました。

住みやすい・住みにくい理由は?

駅前は便利で、駅ビルにもスーパーが入っているし、東口、西口ともに大きなスーパーや昔ながらの商店街があります。
遅くまで開いているスーパーもあります。
ですから、ここに住んで生活面で困るということはまず考えられません。

あと、大森駅からは大井競馬場や平和島競艇場へのアクセスが良いです。
特に日曜日の夕方など、茶色っぽい服装のおじさんたちが、コンコースにたくさんいて、慣れないとびっくりするかもしれません。

交通の便が良いので、家賃はお高めなのと、特に山王側は単身者用の賃貸物件は少ないものと思われます。

交通の便はいいですか?

JRの大森駅は京浜東北線しか通っていませんが、東京駅に20分、横浜駅に25分ほどて行かれるので、通勤・通学の便としては非常に良いです。
朝のラッシュ時に東京方面に向かっても、品川、田町あたりからは電車がすいてくるので、身体的な負担も少ないです。

また、東口からは京浜急行の平和島や大森海岸駅、西口からは都営浅草線の馬込駅にも出られます。

バスは東口、西口ともに本数が非常に多いです。
大田区内のいたるところに行かれるといっても過言でないほど、バスの路線は充実しています。

特に、羽田空港息のバスが東口からは結構な頻度で出ていて、これは非常にありがたいです。
なお、大井競馬場も平和島競艇場も、開催日にはシャトルバスが出ます。

治安は良いですか?

私は西側にしか住んだことがないのですが、少なくとも私が住んでいたエリアに関しては問題はありません。
住宅地なので、たまに空き巣や車上狙いの話を耳にするくらいです。

西側は、場所によると思います。
大森海岸周辺は大昔に三業地があった名残で、今でも粋な感じの場所があります。

特に女性の一人暮らしの場合は、夜にも物件を見に行くなどして、場所は良く吟味するのをお勧めします。

駅周辺にあるお店は?

駅ビルは二つあります。

一つはJR系列のアトレです。
地下に東急ストア、地上階にはユニクロをはじめとする衣料品や日用雑貨のお店があり、レストラン街やホテルも入っています。

もう一つは昔からあるRaRaという駅ビルですが、私は地下の肉のハナマサ以外は、長年使ったことがありません。

その他西側にオオゼキ、東側にはイトーヨーカドー、西友、成城石井など、日常の買い物には十分すぎるくらいです。

駅の両側はともににぎやかで、ドラッグストア、飲み屋さん、チェーンの飲食店やレストランも沢山あります。
なお、東口商店街と西側の柳本通商店街は古くからの商店街で、今も様々な個人商店が並んでいます。

大森は、江戸時代から高度成長期前まで、海苔の養殖で全国的に知られているところでした。
だから今でも海苔の専門店が何件か残っていて、デパートで買うよりも上等な海苔を買うことができます。

近隣地域にある、オススメのお店・娯楽施設は?

近場の有名なスポットとしては、平和島と大井海浜公園があります。

平和島は競艇場のほか、いくつかの大きな公園があって、プールや野球場、フィールドアスレチックなどがあるので、お子さん連れで一日楽しめると思います。また、近くで温泉が沸いたりしています。

大井海浜公園にはしながわ水族館や様々なスポーツ施設が充実しています。
あと、もちろん大井競馬場と平和島競艇場が近く、大森駅からはバスが出ているので、お好きな方には良い環境なのではないでしょうか。

なお、蒲田までは京浜東北線で一駅です。
蒲田には区役所のほか、区立の大ホールなどもあり、区内で一番公共施設が整っています。

また、ユザワヤの本店があるので、手芸好きの方には楽しいのではないでしょうか。

この駅の周辺に住むか迷っている「あなた」にひとこと

大森は住むには非常に便利なところです。
実際に住んでみて、生活面で不便ということは、まずありません。

ただ、駅から徒歩で行かれる範囲だけでも、山の手のお屋敷町から、町工場が多い、下町の風情あふれるエリアまであります。

住むにあたっては、どこに住むかをよく吟味して、ライフスタイルに合ったところを選ぶといいでしょう。
住環境面でバリエーションが多いということは、それだけ自分に合った物件が見つかりやすい、とも言えますからね。

引越しを検討するなら、まずは引越し料金の確認から!