JR品川駅の高輪口

「品川駅の周辺は住みやすいのか?」

このページでは品川駅の周辺に引越しを考えている人に向けて、2010年〜2012年まで実際に品川駅周辺に住んだ経験がある40代男性のインタビューを紹介します。

住み心地はもちろん治安・家賃や物価・近隣のお店や娯楽施設・公園や自然環境に関して、生の声をお届けします。

是非、引越し先選びの参考にしてください。

引越しを検討するなら、まずは引越し料金の確認から!

[PR]

どんな街?

品川駅は何といっても、東京の窓口といえるでしょう。
新幹線、JR東日本、地下鉄、さらには羽田空港への直通の電車のアクセスがそれを顕著に物語っています。

また、高輪口は以前からそれほど大きく趣は変わっていませんが、港南口方面はビジネスだけではなく、湾岸高層マンションも建ち並んだり、インターシティを中心としてオフィスも集積しています。

ビジネスだけでなく、湾岸マンションライフを楽しむ人々も増えている町となっています。

住みやすい・住みにくい理由は?

品川駅周辺はまず、駅の人の多さに驚くことが一番です。
これだけ多くの人がいるのだろうかと東京の中でも驚くほどです。

物価は都内の別地点と比較しても飲食店、スーパーともにさほど変わりません。
むしろ、港南口周辺の居酒屋などはサラリーマンにやさしい価格設定です。

自然環境に関しては港南口高輪口ともに少し歩けば、大きな緑地があります。
高輪口は散歩コースにぴったり。港南口方面は湾岸沿いの散歩がお勧めできるくらい、散歩道も充実しています。

家賃はビジネス、一般ともにかなり高めです。

交通の便はいいですか?

交通の便は言うまでもなく抜群です。
まず、新幹線のターミナル駅であること。JR東日本も山手線、京浜東北線をはじめ横浜方面に向かう本数も豊富です。

さらに京急は羽田空港方面への直通もあります。
逆に新橋方面にビジネスで京急を活用して向かうことも可能です。

またバスターミナルですが、路線バスだけではなく、オフィスビルへの無料バス、タワーマンションへの専用バスなども走っています。

治安は良いですか?

治安に関して、一言でいえば、まったく問題ありません。

もちろん、ビジネスマンであふれる品川駅周辺。
高輪口に集積する居酒屋では酔っぱらった方々も見られますがそれほど遅い時間まで飲んでいる感じはありません。
地方への移動もあるからでしょうか。

また、湾岸にマンションが立ち並ぶようになり、若い層も住民として増えたこともあり、雰囲気そのものもサラリーマン、ビジネスというだけではなくなってきました。

週末に歩いている層もファミリーが多いです。

駅周辺にあるお店は?

まず、高輪口です。
「高輪プリンス」があります。
ここはホテルだけではなく、シネマコンプレックスの映画館もあれば、キャノンの水族館、ボウリング、高輪プリンスのテニスコートもあります。

港南口には「品川インターシティ」がありますので、オフィス棟だけではなく、近隣では最も大きな書店である「くまざわ書店」、車を持たない生活の方が多いので「日本レンタカー」もテナントとして入っています。

また仕事帰りにマッサージチェーン「てもみん」でリラックスというOLも多く見られます。

近隣地域にある、オススメのお店・娯楽施設は?

まず、おすすめしたいのは高輪口の高架下に位置する「品達ラーメン 麺達七人衆」でしょう。

いつ行ってもいっぱいですが7店舗の中からきっとお好みのラーメンが見つけられるはずです。

さらにそのとなりには「品達どんぶり5人衆」もありますので是非お試しください。

そして、この道向かいには洋食で有名な「るばめグリル」があります。
このお店の伝統的なハンバーグは魅力的です。

「高輪プリンス」に足を延ばせば、駅近の水族館アクアパークや、ボウリング場、映画館などもあります。

この駅の周辺に住むか迷っている「あなた」にひとこと

わたしは、仕事のアクセス(空港、関西への出張)と将来的に値段が下がりにくいマンション、そして子供が動きやすい土地ということで品川駅の港南口側を選択しました。

子供の医療費控除、公共施設の充実、学区が自由なことを考えても子育てにも非常に便利だと思います。

とにかく、皆さんが持っている以上に駅から5分ちょっと歩けば公園や美織も多いですし、単なるビジネスマンの町ではないというところが大きなポイントになろうかと思います。

引越しを検討するなら、まずは引越し料金の確認から!